我が家の耐震グッズ

地震は怖いです。

何が怖いって、なんの前触れもなく突然来るのが怖いです。

大雨や落雷といった他の自然災害は前兆があるのに、地震の場合はせいぜい数秒の軽い揺れの後に本震が来ます。その上被害は甚大です。

今住んでいる場所は借りている場所なので他の階にも住人がいますが、

地震対策した結果ケガせずに済めば周りの人を助けられるかもしれません。

少なくとも周りにかけてしまう迷惑の量は減るはずです。

実際どうなるかは分かりませんが、そう思って準備しています。

 

色々地震対策を調べてみると、突っ張るタイプの転倒防止グッズは大地震の場合はあまり効かないそうです。家自体が揺れの力で歪んでしまい、揺れてる最中に1cmでも隙間ができれば家具が倒れる危険性が出てしまうからです。

なので我が家では、

  • 扉が開かないよう邪魔をするグッズ
  • 家具が壁から離れないようにするグッズ
  • そもそも家具を少し斜めに設置して倒れにくくするグッズ

をメインに設置しています。いずれも大きく目立たないので取り入れやすいかと思います。

幸いなことに今の住まいではまだ大きな地震に遭っていないので効果のほどは不明ですが、ひとつの家具に2種類以上のグッズを使っているので、それぞれが作用するのを期待しています。

 

〈扉が開かないよう邪魔をするグッズ〉

アトム 感震くん2-N

感知式耐震ロック金具 感震くんN-2 商品詳細|電動工具、安全靴、DIY用品、バリアフリー用品等建築金物の通販

ドライバーで棚と扉に取り付けるタイプの耐震グッズです。

上記のサイトだと取り付け方法も載っているので分かりやすいです。

楽天でも取り扱いがあります。何より安い!

ネジを使うので木製家具に限られますが、中身の飛び出しを防いでくれそうです。

取り付ける際は取り付け治具を一緒に購入するのをお勧めします。

下の動画で実際に揺れた時どのように止まるか詳細が見れます。


感震くん2-N |家具の地震対策 扉解放防止金具

 

 

〈家具が壁から離れないようにするグッズ その1〉

ガムロックMB、ガムロックBB

 

アイディールブレーン 家具・家電転倒防止用品 ガムロック NewMB IB-16 白

アイディールブレーン 家具・家電転倒防止用品 ガムロック NewMB IB-16 白

 

 

 

アイディールブレーン 家具・家電転倒防止用品 ガムロック NewBB IB-14 白

アイディールブレーン 家具・家電転倒防止用品 ガムロック NewBB IB-14 白

 

 

壁に穴を開けられない賃貸や、石膏ボードの壁で木ネジが取り付けられない部屋向けの商品です。2個入りで4000円前後と、ちょっとお高めです。設置した後10年という寿命もあります。

ツルツルの壁が理想ですが、多少の凹凸があっても一応取り付けられます。

ただし、我が家の場合取り付けた後ガムロックがはがれてしまう部屋もあったためひとまず一つ購入して試すのがお勧めです。

また、家具には付いたけど壁に付かなかった…という場合家具から剥がすのが大変なので、できればまず壁に試して、時間が経って剥がれてないのを確認してから家具に付けるのを勧めます。

剥がす場合はリムーバーを利用した方がいいです。労力が全然違うのと、無理に剥がすと壁や家具が傷つく可能性があるからです。一度リムーバーを使わず剥がそうとしましたが結局断念しました。

専用のリムーバーを使うと、てこの原理で時間をかけてゆっくり剥がすのでキレイに取れます。

ちなみにガムロックMBとガムロックBBはサイズと仕様が違います。

MBの方が小さく、バックルが付いているのでベルト部分の長さ調節が可能です。移動させる可能性がある家具はこちらの方が楽です。BBは大きいので、冷蔵庫など重量のあるものに取り付けるのに向いています。冷蔵庫は地震でドアが開いて中身が飛び出す危険があると最近知ったので、今後そちらの対策もすすめる予定です。

 

あと…ガムロックは設置が簡単で便利なのですが、壁が木で出来ていて穴を開けても大丈夫なら、家具を壁に直接ネジで固定できる金具を使う方が確実に転倒を防いでくれます。ワイヤーで家具を固定できるよう、専用金具が壁に設置済みのマンションも出ているそうです(実は多くの冷蔵庫はワイヤーで壁に固定できるよう裏側上部にわっかのような部分があります)。

ガムロックは、あくまでネジを使えない部屋向けの商品だと思います。

 

〈家具が壁から離れないようにするグッズ その2〉

マットマン7+ ワイヤード

テレビの固定具です。ワイヤーで石膏ボードの壁に固定します。

マットマン7+ ワイヤード

マットマン7+ ワイヤード

 

耐震マットもついているので、かなりテレビは倒れにくくなると思います。

ブログを書いている時点で1500円弱なので、導入コストも割安です。

阪神淡路大震災の時はテレビが飛んできたと聞きました。飛ばなくても倒れて画面が割れるとケガのおそれがあります。

また、テレビが壊れることで得られる情報が減るというデメリットもあります。

二次災害を防ぐためにもテレビの固定は大切です。

 

取り付ける際は付属の金具をテレビ裏にネジではめる必要があります。壁側の白い金具は石膏ボード用のピン5本で留めますが、放射線状にピンが広がるよう設計されているので、様々な方向に力がかかっても抜けにくくなっています。抜ける時は壁ごと破壊される時かと思います…。

下の写真は我が家のテレビです。実際にはテレビ裏二か所に金具がはまっています。

ワイヤーの長さは付属の金具で簡単に調整できます。

f:id:rakunakurasi:20190523222813j:plain

テレビ裏の様子。下のテレビ台はガムロックMBで固定しています
〈そもそも家具を少し斜めに設置して倒れにくくするグッズ〉
倒れ防止君シリーズ
光 倒れ防止君 茶 00873386-1 GQ10-60

光 倒れ防止君 茶 00873386-1 GQ10-60

 

脚のついていない、どーんと床に置くタイプの家具向けのグッズです。

家具と床の間に挟むことで家具が前のめりに倒れにくくなります。

半透明タイプやサイズ違いもあります。数百円で購入できます。

すでに設置してある家具に使用する際は家具を少し持ち上げないといけないので、中身を出して軽くするか複数名で協力してはめる必要があります。

ちょっと大変なので、新しく家具を購入する際に一緒に買うと楽に設置できます。

 

これだけでは地震の時の転倒まで防げないと思うので、先に述べた耐震グッズと組み合わせて使っています。

 

今回紹介した耐震グッズは、値段の差はありますが部屋の原状回復が可能な商品です。賃貸や社宅だったり、自宅の部屋を傷つけたくない人に向けて考えられてきたグッズです。

日本は大きな地震を何度も体験して、揺れにくい建物も増えてきています。

でも実際に住む部屋の家具や家電から身を守る工夫は個人にゆだねられているのが現状だと思います。冷蔵庫の裏に固定用のわっかが付いていても、ほとんどの部屋には固定金具が付いていません。地震が避けられない以上、当たり前のこととして対策をする必要があります。

このブログを読んでくださった方には、色んな情報を調べて、部屋の地震対策を少しずつでも進めていって、自分自身を大事に守ってほしいと心から願っています。